マリンバ奏者 田代佳代子の “毎日のこといろいろ”

コンサートまでのエピソード、マリンバを通して出会った出来事、
その日の発見など、毎日のことをいろいろと書いていく日記です。

2013年10月28日

生きてる意味。

悲しく辛い現実を知りました。

もう10年以上も前、
マリンバを指導していた子(当時高校生)のお父様が
3ヶ月前の山口豪雨で被災し
行方不明になったままだと言うのです・・・。


その生徒はマリンバの道に進む事なく、
お父様の後を継いで医学の道に進みました。

医学部に入学した後も
マリンバ・指揮・作曲などを学ぶという
異色の人材でした。


お母様には、同じく子供を3人持つ先輩として
色んな事を教わりました。

福岡で安倍先生と共演したコンサートの時など、
チケットをたくさん買って下さいました。

安倍先生が福岡で体調を崩された時など、
お父様の病院に担ぎ込んだこともありました。


知りませんでした。

あのお父様が、そんな事に巻き込まれていたなんて・・・。


父を重ねてしまいました。

11年前、
父は事故で焼死し、
私達家族は、最後の父に会うことが出来なかった。

でも、
父を家に連れて帰ることは出来ました。

災害で被災し、
3ヶ月も行方が分からないまま・・・

ご家族のご心痛を思うと、胸が張り裂けそうです。



東北の津波で未だ見つからない方々。

先日の伊豆大島の土砂災害で未だ見つからない方々。


そう言う現実に直面するたびに思います。


神様は、
どうやって人の最後をお決めになるのか・・・


そしてそれは、
残された者達にどんなメッセージなのか・・・


答えは見つかりません。


ただきっと、

生きている意味を自問自答しながら
自分の残された人生を過ごして行かなければならないと言うこと。


自分に与えられた使命を全うすること。


真っ直ぐ前を向いて
私は一生懸命生きていきます。